公務員の採用情報

看護師採用TOP >> 職場別の看護師採用情報 >> 公務員の採用情報

公務員の採用情報

看護師が国立病院や公立病院に勤務する場合には、公務員として採用されます。公務員というと、公務員試験をパスしなければいけないイメージがありますが、看護師の場合は試験を受ける必要がありません。看護師という国家資格を持っているため、あえて試験を受ける必要がないからです。公務員として採用されるのは公立、私立、県立などの病院です。国立病院は準公務員の扱いという事になります。

看護師の中には、公務員扱いとなる公立の病院への勤務を希望する人も多くいます。その理由としてはまず、公務員というと安定していてお給料が良いイメージ、市立病院に比べるとのんびりしていて勤務が楽などの点があげられるようです。公務員として公立病院に勤務する場合、確かに安定はしていますが、月給に関しては、私立病院と大差がありません。公立の病院でも地方によってかなり差があり、私立病院のほうが給与が高いことも多々あります。公務員の場合、長期勤務を行えば高い給与や退職金が支払われますが、看護師の場合は、3〜4年くらいで病院を転職する人が多いので、公務員となっても短期間だとあまりお得感はないかもしれません。それでも公立病院は、安定していますし、営利目的でないので、仕事内容もゆとりをもった働きやすい職場が多いようです。長く勤務する場合は、給与もどんどん上がってきますし、福利厚生も充実しています。

公立病院は、大きな総合病院であることがほとんどなので、自分の所属したい科に配属されることも多くあります。また、最先端の医療を学ぶこともできます。研修などの制度も整っており、学習できる環境となっているので、さらに専門的知識を深めることもできます。研修医なども多くいるので、診療のサポートをすることはあまりなく、自分の業務に専念できますし、1人当たりに対する患者の数も、私立病院より少なくなっている働きやすい環境だといえます。

看護師の間でも特に人気があるので、採用情報を見逃さないようにしましょう。インターネットの看護師専門の転職エージェントなどにいくつも登録をしておくと、良い採用に巡り合える確率も高くなります。また、担当のコンサルタントに希望を伝えておけば、求人があったときに連絡してもらうこともできます。転職エージェントは無料で登録でき、非公開の求人情報も沢山抱えているので、その中から公開されていない採用情報を案内してくれることも多々あります。


Copyright (C) 2014-2017 看護師採用サイト【※お気に入りの求人が見つかる!】 All Rights Reserved.