防衛省の採用情報

看護師採用TOP >> 職場別の看護師採用情報 >> 防衛省の採用情報

防衛省の採用情報

防衛医大や、自衛隊病院で働く看護師は、防衛省管轄になります。防衛省管轄であれば、国家公務員扱いとして採用されますし、安定しているので人気のある職種だと言えますが、普通の病院勤務と比較すると、特殊な仕事をこなす必要もあります。自衛隊内で看護師として働くためには、自衛隊中央病院高等看護学院で、自衛隊で必要な訓練を受ける方法があります。この学校は、入学すると同時に、国家公務員の自衛官扱いになります。学校へ通っている間、学費は無料で、さらに給与が支給されるので、安心して学業に専念することができるというのが大きな特徴です。

看護学校や大学へ通うのは通常かなりの費用がかかりますが、それが無料な上に給与も支給され、国家公務員として扱われることになるのですから、相当な利点があると言えます。給料が支払われるので、学校へ通っている間も自然と責任感が生まれます。卒業後は、全国の自衛隊病院に派遣をされることになります。自衛隊病院は、総合病院で他の病院とほとんど変わらず、最先端の医療を学ぶことができます。自衛隊での勤務は、総合病院での看護師勤務の外にも業務があります。自衛隊看護師の本領発揮は、震災時や事件などの際に派遣され、現地でのケアに回ったり、海外での災害への援助を行うこともあり、とてもやりがいのある職業だと言えます。

防衛相や自衛隊での採用は、必ずしも自衛隊専門の学校卒業生に限りません。一般の看護資格を持っていれば、自衛隊看護師への応募が可能です。病院などに勤務してさらなるキャリアアップ、ボランティア活動に興味がある人には大変向いている職業だと言えます。自衛官の一人ですので、給与も安定しています。

防衛相や自衛隊の看護師採用は、防衛相や自衛隊のホームページや電話に、直接問い合わせをすることもできますが、専用の転職エージェントを通しても応募することが出来ます。転職エージェントでは、多数の募集を抱えており、専門のコンサルタントが相談にのってくれるので、自衛隊の勤務など特殊な採用の場合でも安心して応募することが出来ます。コンサルタントが面接についての対策なども指導してくれるため、自衛隊看護師など特殊な職種の場合でも、自信をもって面接に挑むことができます。転職エージェントは、インターネットで調べると沢山あり、多くの求人を抱えています。ほとんどの場合、無料で登録できるので、複数登録しておくのもポイントです。


Copyright (C) 2014-2017 看護師採用サイト【※お気に入りの求人が見つかる!】 All Rights Reserved.