海上保安庁の採用情報

看護師採用TOP >> 職場別の看護師採用情報 >> 海上保安庁の採用情報

海上保安庁の採用情報

看護師は、病院に勤める以外にも様々な勤め先があり、公務員としての就職も可能です。公務員というのは、安定しているという印象があり、多くの人が憧れる職業ですが、公務員試験を合格する必要があるのが普通です。しかし、看護師であれば、部署の採用試験に合格すれば公務員試験を受けなくても公務員扱いになれるのです。短期間の勤務では、一般の企業と比較して給与にあまり差がありませんが、長期間勤めるのであれば公務員になるメリットはとても高いと言えます。

公務員としての職の中には、陸上自衛隊などでの勤務があります。陸上自衛隊では、専門の看護学校も設けているほど重要な職業です。実は、それ以外の部署にも看護師を必要としているところは多くあり、海上保安庁でも看護師としての就職先があり、海洋情報部で採用を行っています。海洋情報部での仕事内容ですが、職員の健康管理や健康指導、健康診断の計画及びサポート、職員の心身の健康相談などが主となっています。自衛隊の看護師というのは、職員の健康管理というのではなく、災害時の一般の人への看護などを目的としているので、海上保安庁での仕事内容とは異なります。年に2回ほど、海上保安庁の所有する船舶内の診療に同行することがありますが、通常は医務室勤務ということになります。

海上保安庁で働くメリットですが、まずは公務員として安定した給与を獲得できることです。そして、企業での勤務と同様に、医務室での勤務ですので、基本的には土日祝はお休みで、夜勤などもなく、残業も少なめです。病床のある病院勤務では夜勤や土日勤務は当たり前なので、こうした通常の勤務形態の企業に勤めたいという看護師も少なくありません。給与も病院の平均給与と同程度です。

求められるスキルは、看護師資格を有していて、ワードやエクセルなどのパソコン操作も出来ることが要件となっています。医務室での勤務の場合は、パソコンに記録を入力するような作業も多いので、事務的作業も苦にならない人が向いています。また、職員の心身の相談にも乗ることもあり、親身になって対応が出来るという事も大切です。

海上保安庁での採用は、空きがあればとなるので、見つけるのが困難です。自分だけではなかなか見つけられないので、転職エージェントに登録しておくことがお勧めです。転職エージェントに登録しておいて、希望を伝えておけば、海上保安庁の求人があった際にも連絡をしてもらうことが出来ます。また、面接などでの対策法についても指導してもらえます。


Copyright (C) 2014-2017 看護師採用サイト【※お気に入りの求人が見つかる!】 All Rights Reserved.