採用時期による違いはある?

看護師採用TOP >> 看護師転職の基礎知識 >> 採用時期による違いはある?

採用時期による違いはある?

看護師として転職する場合、採用されやすい時期というのがあるのでしょうか。看護師の場合は、新規オープンのところを除いては、大抵の場合、空いた人数を埋めるようなところがほとんどです。看護師の採用情報が多い時期というのには、傾向があるようで、看護師さんが辞めたり、異動の多い時期の少し前ということになります。採用情報が多ければ、より良い条件のところに勤められる可能性も高くなりますし、就職もしやすくなるので、この時期に仕事を探すのが得策だと言えます。

やはり、4月というのは年度初めなので、それに向けて2月や3月に辞める看護師が一番多くなっています。ですので、採用情報が多いのも4月に向けての2月、3月となります。次に辞める人が多いのが夏・冬のボーナスの直後です。夏であればボーナスは6月か7月、冬であれば12月ですので、その前1、2か月頃に人材募集の情報が多く出ます。つまり、夏のボーナスの前の6月、7月、冬のボーナス前の10月、11月が求人の出回る時期です。逆に少ないのが春先です。この時期は病院では積極的に研修などを行っているので、異動も少なく、求人も少ない傾向です。

今すぐ転職したい、就職したいというのでなければ、人材募集の情報が多くなる時期まで待って、ゆっくりと調査をしても良いかもしれません。逆に、採用情報の少ない時期に条件の良い情報が出た場合は、多くの人がその求人を狙っていることも考えられます。倍率は高くなるかもしれませんが、見逃したくなければ早めに応募するのがオススメです。また、区切りの良い時期に就職をすることが出来ると、一緒に入社する人なども多く、友人を作りやすかったり、研修などを受ける機会が増えたりします。特に4月の年度初めは新人研修なども充実していて転職しやすい時期になります。

採用情報の少ない時期でも、多くの非公開求人を抱えているのが転職エージェントです。転職エージェントに登録しておいて、自分の希望などを詳しく伝えておけば、一般には公開していない案件の中から自分に合ったものを紹介してもらえる可能性もあります。また、そのときには、自分に合った求人がなくても後でそのような採用情報が来た時に連絡してもらうことも可能です。転職エージェントでは、求人の傾向と対策も心得ていますので、相談に乗ってもらい、間違いのない転職をしたいものです。履歴書の書き方、面接の対応方法なども指導してもらえます。


Copyright (C) 2014-2017 看護師採用サイト【※お気に入りの求人が見つかる!】 All Rights Reserved.