採用時の志望動機を考えよう

看護師採用TOP >> 看護師転職の基礎知識 >> 採用時の志望動機を考えよう

採用時の志望動機を考えよう

看護師として転職する際、必ずあるのが面接です。面接では色々なことを聞かれますが、面接の練習をしっかりして、お決まりの質問にもきちんと回答することが出来れば、面接での印象もアップします。面接で必ず聞かれる質問の一つが志望動機です。どうしてこの病院を選んだか、なぜ看護師になりたいのか、これで応募者のやる気を見ているのでとても大切な質問です。

勤務が楽そうだからとか、給与が高そうだというのが本当の志望動機だとしても、それを直接面接官に伝えるのでは、あまり良い印象は伝わらないでしょう。企業や病院もやる気のある人材を求めていますが、楽そうだからという理由はやる気がないと取られてしまう事になりかねません。もちろん、面接で嘘をつくのは良くありませんが、なるべくポジティブで積極的な志望動機を考えるのが得策だと言えます。では、どのような志望動機が良いのでしょうか。

総合病院を希望する場合は、「最先端の医療が学べる」「非常に多くの科があり、色々な科について勉強できる」「研修制度が整っていて、人材育成に力をいれているので魅力を感じた」「キャリアアップを目指したい」などといった大きい病院ならではの魅力について述べるのが良いでしょう。クリニックや医院などへの勤務を希望する場合ですが、例えば、今まで大きな病院に勤めていた人であれば、「地域に根付いた看護をしたい」「専門知識というよりは広い知識を身に着けたい」「知人が通っていますが、とてもアットホームで良い病院だと聞いています」「実際に患者として訪れた時にとても良い印象を受けた」などといった、クリニックの利点に特筆した志望動機を考えておきます。また、看護師になぜなりたかったのかなど、自分や家族の体験談などを織り交ぜて話すとより現実的で、面接官に強い印象を与えることが出来ます。

志望動機は、面接の上でも必ず聞かれる質問で、とても重要です。面接を受ける前に、自宅で原稿を書いて、何度もきちんと答えられるように練習をしてきましょう。転職エージェントに登録をしておけば、採用情報を紹介してもらえるだけでなく、希望の求人に合った面接の対策についても指導をしてもらうことが出来るので、転職エージェントへの登録はお勧めです。原稿を書いて、エージェントの担当コンサルタントにチェックしてもらうこともできますので、面接で受かる確率がかなり高くなります。コンサルタントは、経験豊富で病院の特性などについても心得ていますので、細かく相談して面接対策を練りましょう。


Copyright (C) 2014-2017 看護師採用サイト【※お気に入りの求人が見つかる!】 All Rights Reserved.