採用面接対策をしよう

看護師採用TOP >> 看護師転職の基礎知識 >> 採用面接対策をしよう

採用面接対策をしよう

看護師の求人採用は、面接がキーになります。看護師の場合、全員資格を持っているので、そのスキルというよりは人物を見ることが重視されるからです。看護師は、患者さん、医師、そして同僚の看護師など、人とのコミュケーションの上で成り立っている職業ですので、面接での対話というのもとても大切になります。面接の対策ですが、面接で質問をされる内容というのは、大体決まっていますので、聞かれるであろう質問についていくつか事前に回答を作って準備しておく必要があります。よく聞かれる質問ですが、まず、100%聞かれる質問が志望動機です。どれだけ、希望先の病院や企業が魅力的であるかとういところに焦点をあて、出来るだけポジティブな回答を用意するようにします。

一番困るのが今までの職場の退職理由ではないでしょうか。退職の理由として、出産や育児、介護、勉強などといった理由であれば、正直にその理由を話しても問題ありません。ただし、「職場の人間関係」「給料が安すぎる」「残業が多すぎる」といったネガティブな退職理由を上げるのは好ましくありません。やる気がなく、楽な職場を探していると見られがちです。なるべくポジティブになるように「さらなるキャリアアップをしたい」「勉強をもっとしたい」などといった回答をするように心がけます。看護師は、離職率が多く、転職をする人も多い職場ですが、それでも転職を繰り返す人は好まれません。

転職が多い人にはその理由についても聞かれると思いますので、対策を練るようにしましょう。転職の場合は、即戦力を期待されているはずですので、自分に何ができるのか、スキルや技術、得意なことについてもまとめておく必要があります。また、希望の入社日についても聞かれます。まだ現職を辞めていない場合は、その旨を正直に伝えて、内定が出てからどれくらいの期間で退社できるのか、きちんとその旨を伝えておきましょう。

採用面接で大切なのは、この応募がポジティブなものであるということを表すことです。自分がどれくらいやる気があるかということ、そして魅力的な人物であるかということも看護師としては大切な要素です。はきはきと、なるべく笑顔で採用面接に挑めるようにしましょう。

自分だけで採用面接対策を練るのは大変ですが、転職エージェントに登録していれば、エージェント側も面接対策について指導をしてくれます。エージェントのコンサルタントは、経験豊富で病院の詳細な情報なども持っていますので、その病院の特徴に沿って、面接の指導をしてくれます。


Copyright (C) 2014-2017 看護師採用サイト【※お気に入りの求人が見つかる!】 All Rights Reserved.